ローソンの「悪魔のおにぎり」には負けられぬと混ぜてみた!

コンビニの商品

コンビニのローソンから『悪魔のおにぎり(改良版)』が発売されましたね。

昨年発売されたときは、1日の販売数がそれまでの1位・ツナマヨおにぎりを抜いたとか。このときは買えなかった、このおにぎり。今年に入って再発売されるとネットの記事を読んだので、発売初日に近所のローソンで入手しました。

『悪魔のおにぎり』、ようやく買えました!

話題の商品なので、「これで今日のストレスが発散できる」と、とても、とても、とても期待をしていたのだけれど……。何だか、普通。

ごま油の香りはよいのだが……。

これなら、妻の居ぬ間にこっそりつくる「バターしょうゆご飯、オタフクソースのいか天入り天かすを混ぜたもの」の方がおいしい。

そう思い、『悪魔のおにぎり』を自分でつくってみました。

ローソンのHPを見ると、「白だしで炊いたごはんに天かす・天つゆなどを混ぜ合わせ、今回はねぎとごま油をプラス」と書いてある。

でも、白だしなんて、うちにはないし……。

商品裏面の原材料表示はこうなっている。

そこで、だしパックでとった出汁に、妻が使っている高そうな塩を入れ、まずは炊飯。ここでめんつゆを入れようかと思ったのですが、炊いたお米に雑味が加わりそうでやめました。

高そうな塩、使ってみました。

味が薄過ぎるので、しょうゆと白コショウを

炊き上がりがこちら。カメラのレンズを曇らせる湯気をかき分け、つまみ食いをしますが、まだ、ただの塩味のついた出汁で炊いたご飯。

カメラを手に炊飯器のふたを開けると、そこは霧が立ち込めていた。

そこにごま油とオタフクソースの天かすを入れ、混ぜる。ここでもめんつゆを入れようかと考えましたが、入れたら旨みと甘みが加わるので、うまくなるに決まっている! そこで、今回は入れないことに。

さっきオタフクソースのHPを見たら、『悪魔のおにぎり』のようなレシピが。

 茶碗によそって、食べてみた。味が薄過ぎる!

「バターを入れるべきか」、とても悩むところだ。でも、それだと『悪魔のおにぎり』と離れてしまう。

バターを入れたい! でも、入れたらだめなのだ!

そこで、しょうゆをたらし、白コショウを少し多めに加えてみました。

「味が薄かったら、しょうゆを入れよ」 これ男の料理の鉄則です。

この組み合わせ、白コショウがとても合い、おいしく食べられるようになりましたが、まだまだ改善の余地あり。近日中に第2弾をやってみます!

それにしても、料理をしているときは、仕事の嫌なこと、忘れているな。

コメント