「タンドリーチキンにみそを入れて」の作り方

脂っこい肉料理
ジューシーだけど、それだけじゃない。うまみの濃いタンドリーチキンに。

最近は「上司と部下の板挟みストレス」から炭水化物と脂っこい料理が続いていたので、少しは体のことを考えて……。

鶏肉料理をつくることにしました!

で、何をつくったかなんですが、タンドリーチキン。と一見、ヘルシーメニューなんですが、鶏のモモ肉、皮がたっぷり状態でつくっちゃいました!

皮は取らずに。フォークで穴をあけて、下味がしみ浸み込みやすく。

結果として、脂っこい肉料理になったかも。

バターチキンカレーの味付けも参考に

タンドリーチキン、実は何度かつくったことがあります。

そのときは市販のミックススパイスを使ったような……。

肉の中では安い鶏肉。ここのところ、うちでは登場頻度が高くなっており、鶏肉を使ったカレーもよくつくります。

中でも、お気に入りは「バターチキンカレー」。飲食店で食べるものや、レトルトの商品は食べても、何だか物足りない。あまり脂っこくしてしまうと、食べられない人が出てくるし、肉のうまみだけでしっかり味を出そうとすると、原価が驚くほど上がってしまうのかもしれません。

ポイントはケチャップを入れること

そんなとき、雑誌『dancyu』で見つけた市販のカレールーを使ったバターチキンのつくり方。その号がもう手元にないので記憶をたどると、確か、ヨーグルトにニンニクとショウガを入れて、味の決め手にケチャップを加えて、その中に鶏モモ肉を入れたはず。

今回のタンドリーチキンづくりでは、この下味の付け方を取り入れました。

これだとうまみが足りないので……

でも、今までの経験でいうと、これだけだと、よほどうまみの濃い鶏肉を使わないと、味が薄いタンドリーチキンになってしまう(この料理。もともと、そうしたものだと思いますが……)。

さて、うまみを増すために何を入れるべきか?

そこで、「何を加えるべきか」を考えた結果が、しょうゆとみそでした。

ビニール袋にヨ―グルトを入れ、ニンニクとショウガで香りを、甘みはケチャップで、塩分とうまみなどはしょうゆとみそ。最後にカレー粉を加えて、もみ込みます。

通勤前にここまでやって、それを冷蔵庫へ。帰宅後に調理をすることにしました。

ここまでやって冷蔵庫へ。会社に行ってきます(はぁ、憂鬱)

今日もニトリのグリルパンを使いました

ああ、今日も嫌なことばかり。そんな気持ちをタンドリーチキンで吹き飛ばそう。

帰宅後、チャーシューを焼くときに使った、ニトリの『高温でムラなく火が通るグリルパン』を取り出して、その上に、漬け込んでいた鶏肉を広げます(漬け込んだ液体はぬぐいませんが、量が多いとこげます)。

今回も魚焼きグリルで調理しました。

かむほどに口の中にうまみが広がる

で、魚焼きグリルの上火だけを使い、弱火で9分。焼けたかなとかじってみたら、生でした。

そこで、肉の上下をひっくり返して、再度、上火のみ弱火で9分。

こげがグリルパンのふちに集まるので、便利。洗い物も楽でした。

この焼き方がうまくいったよう。硬くならずに生焼けでもないちょうどよい焼き加減になりました。

これまでだったら、これだけですが、今回は口の中にしっかりとうまみが広がる。

日本の伝統調味料・しょうゆ、みそはすごい!

コメント