まねできる海老ラーメン?(2019)

塩と脂と炭水化物
今見ると、スープが澄んでいて、味が薄そう。

ラーメンづくり、まだ続けています。

今回、挑戦したのは「海老ラーメン」。ラーメン屋さんで人気店、ありますよね。夫婦して、その海老ラーメンが好きなので、自宅で作れないかなぁと、ずっと思っていたのです。

楽天ポイントを甘海老に。

でも、海老、スーパーマーケットでは既にむいた状態で売られているし、殻付きのものは冷凍だし、輸入物でもある。何だか、その殻を使ってスープを取る気になれないでいたのです。

そんなとき、思い付いたのが、通販で甘海老を買うこと。ちょうど、楽天ポイントがあったので、福井県で獲れた甘海老500gと交換をしたわけです。

今回は海のものでそろえました

さて、それを何のだしと併せるか? 

最初は鶏ガラのスープと考えたのですが、畜産系と魚介系のダブルスープにするよりも、まずは海のものでそろえようと、いつものように煮干しでだしを取りました。

「頭と殻をそのまま鍋へ」はだめ?

次は海老の頭と殻でスープ取り。

ここで「つくりながら考える方法」が裏目に出ました。

甘海老の身は夕食にお刺し身で食べようと思い、せっせと頭を外し(海老みそも捨てずに!)、殻をむき続けたのですが、それらをそのまま鍋に入れ、煮てしまったのです。

この方法、シノワで頭と殻をつぶしながら濾すならいいが……。

こうしただしの取り方を紹介しているレシピサイトもありますが、これだと、飲食店で食べるような香り高いスープにならなかったのです。

それに、頭や殻まで砕いてスープに使いたかったのですが、ブレンダー攪拌棒で混ぜても、なかなか砕けないのです。

フライパンで焼くのが正解のよう

正解は頭や殻をフライパンで焼くことでした。こうすればスープに芳しい香りがつくだけでなく、フレンダ―で攪拌しても簡単に粉状になってくれるようです(次回はこの方法で)。

「これだ!」の味になぜならぬ?

という正解をインターネットで調べなかったので、甘海老の頭と殻を生のまま煮ていきます。

それをブレンダーで砕いていき、塩を加えて味を調えつつ、しょうゆを隠し味に入れてみました。

この段階でスープを飲んでみたのですが、たくさんの甘海老を入れたつもりなのにうまみが薄く、味がまとまらない。

これは全部合わせた状態でスープを完成させようと、煮干しで取っただしも加えます。

そこに塩を足し、しょうゆも多めに入れて。

でも、「これだ!」という答え、見つからない。

この時点でも甘海老の頭、何個か砕けず、残ってました。

正解はみそを加えることでした

そうこうするうちに、麺をゆでるお湯が沸いたので、生麺(いつものやつ。菊水の北海道発 札幌生ラーメン)をゆで始めます。

タイムアップ!

お湯が沸いたので、先に進む。

麺がゆで上がったので、丼に麺を入れ、スープを注ぎ、食卓へ。

最終的に、妻に食べてもらい、味を修正してもらいました。 それは『みそを入れること』。「これだ!」の正解はみそだったようです。

コメント