生地が原因!焼きそばが嫌で、お好み焼きにしたのに……

粉とソースにマヨ
こうして見ると、お好み焼きに見える……。

夫婦とも残業で遅くなったある夜のこと。「すぐにできる料理は」となったとき、第1候補に挙がったのは焼きそばでした。

でも、それだと、出来上がったらひたすら麺をすするのみ。食べ始めて5分くらいで食事が終わってしまうので(夫婦とも早食い)、せっかくのストレス発散の場をゆっくり楽しめない。

そこで、お好み焼きをつくることにしたのでした。

混ぜ焼きよりも優れた点

いつも、お好み焼きは妻がつくりますが、今回は私が初挑戦。大阪の混ぜ焼きはできそうですが、それよりも難易度の高い広島の重ね焼きをつくろうと思ったのです。

それは、混ぜ焼きよりも多くの野菜(キャベツとモヤシ)をとれること、混ぜ焼きよりも使う粉の量が少ないので、胃に重たくないことが夜遅い夕食にぴったりだと考えたから。

家に鉄板、欲しいなぁ

「家に鉄板があったらどんなに楽しいだろう」

そんな想像をすることもありますが、都内のマンション暮らしではそんなこと、夢のまた夢。使うのはホットプレートです。

生地がきれいに伸びません!

広島のお好み焼き、まずは生地を焼くところから。小麦粉を水で溶き、少し緩めの液体に。ここにみりんを入れるのがポイントで、ホットプレート上で生地が伸びやすくなります。

と書いたものの、私がやると生地はきれいに伸びません。薄くもならず、分厚いクレープになりました。

薄いクレープがきれいにできるはずが。

さて、気を取り直して、その上に煮干し粉を振りかけ、千切りにしたキャベツ、モヤシをのせます(キャベツは洗わず使う。洗うと水っぽくなるからで、洗った場合はサラダ用の水切りでしつこいくらい水分を飛ばします!)。

野菜の上には揚げ玉と、あれば、というか、なければ買ってでもイカ天をトッピング(イカ天があれば、豚肉などいらないとすら私は思います)。

さらに、とろろ昆布に豚バラ肉を重ねて、最初の工程は終わりです。

イカ天があれば、豚肉はいらないと書いておきながら、豚バラ肉をたくさんのせました。

全体の2割もひっくり返らず

さて、ここからひっくり返す工程になります。

ホットプレートの上のお好み焼き。今はどんな状態でしょう?

下から、生地、煮干しの粉、キャベツ、モヤシ、揚げ玉、イカ天、とろろ昆布、豚バラ肉となっています。

この上に、余った生地(最初に伸ばした生地の残り)をかけ、ひっくり返します。

ここ、最難関でした。

皆さん、ご想像通り、欲張ってとても大きなお好み焼きにしたので、きれいにひっくり返りませんでした。

正直に書くと、半分もひっくり返せませんでした。いや、きちんとひっくり返った部分、全体の2割くらいでした。そのため、写真だけを見たら10人が10人、「野菜炒め、つくるんだ」というような状態。

焼きそばか、お好み焼きか

あれだけ嫌がった焼きそばとして食べるか。最後までお好み焼きをあきらめないか。分岐点に立たされ、悩んだ私。このまま大胆に混ぜて焼きそばにと一瞬、迷ったものの、お好み焼きに突き進んだ私。

なぜなら、まだ形を整える最終手段があるからです。

焼きそばを片側のふたに

お好み焼き(まだ野菜炒めの途中に見えますが)の横に、焼きそば(ゆで麺:うちはいつもマルちゃんの1色焼きそばを2個)を投入。少し炒めたら、焼きそばソース(オタフクソース)をかけて、さらに炒めます。

焼きそばを麺と具材を別々につくっているところ、ではない!

その上にお好み焼き(ああ、焼きそばをつくっているんだと見えますが)をのせ、ここで普通はしないひっくり返す動き。なぜなら、焼きそばの麺を片側のふたにしようと思ったから(通常は焼きそばの上にお好み焼きをのせる上品なつくり方になります)。

もう片方は卵の壁を

お好み焼き2人分に卵は3個。水蒸気でカメラのレンズが曇る。

そして、混ざっていない焼きそば(あっ、間違えた。お好み焼きの上に焼きそばがのったもの)の横に卵を3個、割り入れます。黄身の部分を崩して、軽く混ぜたら、その上にお好み焼きをスライドさせます。

この時点でもまだ焼きそばに見えるなぁ。

さあ、ここでウルトラC。

卵ごと、ひっくり返すと、下は焼きそば、上は焼いて固まった卵で何となく1つにまとまるのです。

ソースをかけたら、あら不思議

いよいよ完成。大きくつくり過ぎたので、ホットプレートの上で半分に切って、お皿にのせます。 ここにお好み焼きソース(オタフクソース)をかけ、今回はパクチーを刻んだもの(いつもはネギ)をかければ、あら不思議。途中まで野菜炒めみたいだったものがお好み焼きに見えてしまうのでした。

お好み焼きソース、たくさんそろってます。でも、お好み焼きに見えない……。

コメント