(ご飯が進むレシピ)「たまには魚」でイワシを煮た!

青魚、青魚、青魚
「いわしのしょうが煮」に山椒も入れちゃいました。

昨日はカブとシーフードミックスの煮物をつくりましたが、その前まで「塩と脂と炭水化物」のラーメンが続いたので、何だか体が重くて、血液がドロドロしてそうな気がする。

「このままではまずい」と魚料理をつくりました。

回転ずしでも青魚

魚にもいろいろありますが、私が一番好きなのは青魚。回転ずしに行っても、「アジ」「イワシ」「サンマ」「サバ」を何度も繰り返す「青魚好き」です(だから、お腹いっぱい食べてもあまり高くならない。いや、たくさん食べるので、結構することが多いかも)。

今回は近所のスーパーで「イワシ」を買いました(ここのスーパー、魚はいまひとつなのですが、イワシだけは鮮度がまあまあで、食べられます)。

スーパーでイワシを買いました。

ショウガ煮に山椒を加えた

つくったのは「いわしのしょうが煮」。久しぶりに先生(「みんなのきょうの料理」)にレシピを聞きました。

煮汁は水、酒、しょうゆ、みりん、砂糖でつくります。これでイワシとショウガを煮ていくレシピですが、今回もアレンジ。冷凍庫にあった山椒(煮たもの)も入れて「いわしのしょうが・さんしょう煮」にしてみました。

簡単、30分で完成する

イワシはうろこをとります(スーパーで買うものはだいたい、うろこがはがれ落ちたものが多いのですが、頭の近くに少し残っていることが多いようです)。

頭を落とし、お腹の部分に包丁を入れ、はらわたをとります。そして、背骨に沿って残っている血を洗い流します。

イワシは背骨のところについた血をとります。

ショウガは皮のついたまま千切りにし、千切りができなくなった端の部分は2、3個の小さな塊状に切ります。

ここで鍋が登場。鍋に煮汁とショウガの端の部分、山椒を入れて温めます。砂糖が溶けたあたりでイワシを入れ、その上に千切りにしたショウガをのせます。

ぬらしたリードクッキングペーパーを落としぶた代わりにし、煮ます(レシピは15分ですが、私は煮汁が染み込むよう、もう少し長く煮ます)。

クッキングペーパーを落としぶた代わりに。

その後、クッキングペーパーをとって煮汁が3分の1ほどになるまで煮詰めていきます。

これで完成です。

このとき、煮汁がイワシにあまり染み込んでいないように見えても大丈夫。千切りショウガに十分な味がついているので、イワシの味が薄いと思ったら、ショウガと一緒に食べてください。

一度に4匹いけそう

うーん。おいしい。

山椒が効いています。 これだといっぺんに4匹食べられそうです(いかん、いかん、食べ過ぎ注意でした)。

コメント