[簡単本格レシピ]人生初の「豚の角煮」

脂っこい肉料理
少し砂糖が多かったか? でも、おいしい~!

はぁ~、部員の1人が周囲に文句を言っているようです。仕事を任せても途中で放り投げるので、やむを得ず、こちらで代わりにやっているのに……。「仕事をやらせてもらえない。暇だ」と言っているそうです。任せたことができずにやつあたりされてキレまくられるよりはましなのですが……、はぁ~。

豚バラ肉はスーパーの見切り品

そんなときは脂っこい肉料理が食べたくなります。

そして、なぜか、このときの私のパソコン、「確認」と打つと「角煮」と表示されるのです。

これは「角煮をつくれ」ということか。そこで、人生初の「豚の角煮」に初挑戦しました!

もちろん、使った豚バラ肉はスーパーマーケットの見切り品。

お湯で洗って肉のお掃除

まずは豚肉をきれいにお掃除。沸かしたお湯の中に豚バラ肉を入れて、1分ほど煮たら鍋から出します。そして、肉の表面にある筋や血などをとりましょう。

お湯で洗って肉をきれいに。

次に、豚肉を焼く。バラ肉にたっぷりついた脂身の方からフライパンで焼いていきます。6面全てを焼き付けます。

最初は水で煮ていきます

ここから煮ていくわけですが、まずは水で煮て、豚バラ肉を軟らかくしていきます。

鍋にショウガの端、白ネギの青い部分と一緒に豚バラ肉を入れて、肉が浮くくらいまで水を入れます。

弱火で煮るだけなので、手間がかかりません。

灰汁を取りながら弱火で1時間くらいは煮たでしょうか。ずいぶんと軟らかくなりました。

ゆで卵と油揚げ、加えちゃいました!

豚バラ肉は小ぶりだったので、3等分に切り分け、鍋に入れます。ゆで卵も一緒に煮たくなったので入れちゃいました!

ゆで卵を入れたくなった。

調味料は日本酒としょうゆ、たくさんの砂糖(三温糖)。

肉と卵にかぶるくらいまで水を注ぎ、日本酒をカップ1/2、しょうゆはそれよりも気持ち多め、砂糖は大さじ4杯ほど入れました。

ここでも弱火で煮ていきます。またまた、油揚げを入れたらおいしいかなぁと思って入れてしまいました!

油揚げも入れたくなった。

そして、煮汁が1/3くらいになったら完成です。

豚バラ肉、やわらか~い! でも、少しだけ甘かったかな。次は砂糖少なめ、しょうゆ多めでつくろうと思います。

おつまみに、主菜に丼の具にもなる豚の角煮。皆さん、お薦めです。

コメント