豆腐の賞味期限が切れそうなので肉豆腐(のレシピ)

居酒屋行きたい
1回で完食しました。うまい!

夫婦して「低糖質・低脂肪生活」を続けています。

となると、便利なのが大豆製品。

そこで、冷蔵庫には豆腐が常備されることになります(うちは2人とも木綿豆腐が好み)。

でも、忙しくて、食べずにいたら、賞味期限が切れてしまう。

そんなこと、皆さん、ありませんか?

うちはそうしたことが頻繁に起きるので、豆腐の食べ方には知恵を絞りますが、まだ寒いので冷奴にはまだ早い。

そうなると、困ってしまうのです。

7割引の和牛を購入

今回は悩んだ末、肉豆腐をつくることにしました。

会社帰りのスーパーで和牛の切り落とし肉を奮発(でも、特売で通常の4割引のものが賞味期限切れ間近で半額=7割引?)。

これで、今晩は焼酎を飲んでストレスを解消しようと考えたのでした。

肉が足りぬと、豪州産を追加

ここからは作り方。

7割引の黒毛和牛切り落とし

フライパンに切り落とし肉を入れます。最初に入れたのは7割引の和牛ですが、それだけだと足りないような気がしたので、豪州産のバラ肉も追加(100g当たりの価格が和牛よりもはるかに安いのがいいですね)。

オージービーフのバラ肉を追加(色が違うもんですね)

そこに塩とコショウ。日本酒とラカントS(自然派甘味料、低糖質生活の必需品)を加え、牛肉を煮ていきます。

まずは塩とコショウ

次に日本酒

そして、ラカントS

もちろん、調味料の分量は適当です。

そして、フライパンの真ん中を空けて、豆腐を投入。その上にしょうゆをかけます。

フライパンの真ん中を空けて豆腐を1丁入れました

最後のン仕上げはしょうゆ!

今回は前回のラーメン用だし(煮干しとかつお節でとったもの)を注いでみます。

魚介系のだしも加えてみました

牛のうまさは脳みそを刺激する

やはり、牛肉はうまいですね。

今回はしょうゆもラカントSも少なめにしたので、薄味になりましたが、その分、牛肉のうまみがストレートに伝わります。

妻の居ぬ間に完食しました!

あー、おいしい。妻が残業で遅かったので、1回で全部食べてしまいました……(しかも、フライパンのまま。だから、お皿に盛った写真がないのです……)。

また、つくろうと思います。

そのときはしょうゆ多め、唐辛子を入れてみようかな。

コメント