【弁当にぴったり】サンドイッチがしっとりの訳

ダイエットになる?
硬いパサパササンドイッチをどう変える?

ときどき、仕事で参加する立食パーティ。そこで食べるサンドイッチがやたらとベタベタしているので、いつも「食べにくいな」と思っていました(でも、パサパサなのもおいしくない。結構、ビュッフェなどでありますよね)。

初めて分かりました! サンドイッチをしっとりさせる訳が。

大豆粉ふすまパンは向かない?

特に、最近、おいしいパンづくりを探究している「大豆粉ふすまパン」は、硬くてパサパサ(黒パンに近い)。それでつくったサンドイッチは噛めども噛めども減っていかず、咀嚼するうちに口の中の水分が取られ、喉に詰まりそうになる。

前回(「やっぱりサンドイッチ、大豆粉ふすまパンに何をはさむか?」)、そんな経験をしたので、今回はしっとりサンドイッチにしたのです。

マヨネーズは2度塗り歓迎

そこで、何でしっとりさせるか?

前回は「脂肪部が多いソース」と思ったので、それを実践したのですが、それに適したもの、つくらないと、なかなかないですね。

今回は冷蔵庫の中を見て、マヨネーズを取り出しました。

大豆粉ふすまパンにマヨネーズを塗りましたが(ここまではいつもと同じ)、すぐにパンに吸い込まれていく。そこで、もう1回、マヨネーズの層をつくることにしました。

マヨネーズは2度塗り!

パン1枚のオープンサンドに

その上に今回もレタス2枚

2層に塗ったマヨネーズの上にレタスを1枚、ハムをのせて(スーパーマーケットで安く買えた端の部分)、オープンサンドに。

端材のハム、分厚いです

半熟目玉焼きの黄身をソースにして

大豆粉ふすまパンは2枚あるので、もう1枚、「さあ、何をのせようか?」

そこで用意したのが、半熟目玉焼き。黄身の部分をソースに見立てて食べるのです。

もう1枚には半熟目玉焼きをのせました

さて、味ですが、前回から一変。食べやすいサンドイッチに。

味がしっかりして食べ応えがありました(喉にも詰まりませんでした!)。

目玉焼きには塩とコショウをして味付けをしましょう!

コメント