自家製食べるラー油で自分を元気づける

元気になる料理!
「味付けはどうする?」でしょうゆを入れました。

前回の更新から約7週間。皆さん、ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。毎回、再開時に記すように、今回も大変な日々でした。休みなどほとんどない毎日。今年は10連休だったゴールデンウイークも当然、仕事をし続けていました。

あー、でも、一区切りつきました。来なくなっていた部員の1人が会社を辞めました(最後も大騒ぎしていきましたが)。その後、部も新体制になり、“普通の人の生活”を送れるかな、という状況になりつつあります。

これからは毎日の更新を続けるぞ、おー!

いつの間にか「低糖質生活」から離れ……

と、新たなスタート切れたので、自家製食べるラー油で自分を元気づけようと思います。ストレスフルな毎日の中、いつの間にか「低糖質生活」を中断し、脂まみれの食事の登場頻度も高まっていますが、今日は気にせず、つくっちゃいます。

ニンニク10片でつくります!

まず用意したのがニンニク。この前、大袋に入った商品を買ったので、今回は思い切って2玉を使いました。皮をむいてみたら、ちょうど10片。

2玉をむいたら、10片もあった!

これを、ニンニクつぶしを使って、玉子焼き器の上に絞り出します(玉子焼き機、ちょうどいいサイズなので、自分1人の昼食づくりなどで活用しています)。

玉子焼き機、ちょっとした調理に便利です!

その上からサラダオイルを入れ、ごま油も少し加えます。

弱めの中火にかけること、数分。油が温まり、ニンニクの水分が出てくる(泡が出てくる)ようになったら弱火にして、ニンニクをじっくりと揚げていきます。

今回はカラッと揚げようと少し長めに加熱しました。

※ニンニクがすぐに焦げてしまうので、火加減に注意!

今回は食べたときに食感を楽しみたいので、少し長めに揚げました。

唐辛子に2種類の山椒を加えて

さて、ここから味付けです。といっても食べるラー油なんて、つくったことないし。でも市販の商品を食べると、味がまとまっているから、旨みや塩分が入っているのかなと思いながら、まずは唐辛子(荒びき)を投入。

最近、料理はご無沙汰なのですが、唐辛子はありました。

次に花椒(中国山椒)の粉を入れたのですが、これはない方がいいかも(苦い味になった)。

花椒は、粉のものは入れない方がいいかも。加熱すると苦くなりました。

そして、冷凍庫にあった煮た山椒の実を加えて完成。

今回、食べるラー油をつくったのは、実はこれを入れたかったから。

食べたら元気になりました!

となるところですが、先ほど書いたように「何か、味付けが必要だよな」と思い、中華スープの素(無化調)を入れてみました。

何を入れると味がまとまるのか?

ここでやけどに注意しながら味見をしたのですが、物足りない。そこで、最初の写真のようにしょうゆを投入。これで味がまとまってきました。

ニンニクの揚がり具合がちょうどよく、なかなかのよい出来。スプーンで1すくい食べたら、何だか元気が出てきました。

コメント