2019-08

スポンサーリンク
塩と脂と炭水化物

(粉がよかった?)お好み焼きがお好み焼きになった!

以前、大好物のお好み焼きづくりに挑戦したところ、(下の生地がパリッとならなかったからか、載せた野菜が多かったのか)きれいにひっくり返らずに焼きそばになりました。そこで、今回はお好み焼きに再挑戦。成功に導くべく、近所の業務スーパーで「オコミックス」(オタフクソースの広島のお好み焼き用ミックス粉)を買って、臨みました。
熱が出たときは

[二重のダイエット]熱が出て「冷やしサバ水煮缶」しか食べられず

熱が出ました。普段、平熱が36度くらいで熱が出ても37度台の私ですが、体温計で計ってみると、38.1度。そういえば、午前中に出掛けた時に何だか頭がボーっとしていたのを思い出します(成城石井で買物の会計をする際、1203円なのに1023円を出していて、レジの人に驚かれたのも、このせい?)。電車での帰宅を諦め、バスで自宅最寄りのバス停まで何とか帰ってきましたが、家にいても体調優れず、調理も断念。その日の昼食は家にあるサバの水煮缶(カルディのPB)を食べることにしました。
元気になる料理!

(簡単プロ並みレシピ)元気になってきたので麻婆茄子!

ここ2回は簡単な調理でしたが、そろそろもう少し難易度の高いものができそうな気がしたので、麻婆茄子をつくってみました(それでも、このメニュー、超簡単です)。なぜ、このメニューにしたのか。それは辛いもので汗をかいて、暑い日を乗り切ろうと思ったこと。元気になろうと思ったこと(やっぱり疲れている?)。そして、冷蔵庫に大量のナス、冷凍庫に凍らせておいた豚ひき肉があったから。
リハビリ明けの料理

(オクラレシピ)人はなぜ、ネバネバを求めるのか?

中年になって「ビールと枝豆」の楽しみを知った私ですが、他にもまだ、ありました! 年をとってからよく食べるようになったもの。それはオクラ。小さなころにも食べた記憶はありますが、そんなにおいしいとも思わず、納豆嫌いの私には同じネバネバ系の罰ゲームメニューのように感じていました。
リハビリ明けの料理

(冷凍してもいいかも)夏の楽しみ「枝豆」をおいしくする茹で方

今回は枝豆。これを買ったのは梅雨明け前。長雨で日照量が少なかったせいか、豆が小さい状態で出荷されるものが多い中、これはしっかり身が詰まっていたので買ったのでした。
元気になる料理!

(ご飯に合うアレンジ)「焦げた食べるラー油」の使い道

前回、大量にできた「焦げた食べるラー油」。あまりの苦さに何か使い道はないだろうかと考えた結果、たどり着いたのが、これでした。それは「伝説のすた丼」風のご飯のトッピング。そのためにスーパーマーケットで豚バラ肉のスライスを買ってきました。
疲れ切ったときは

〈究極の作り方を研究中に〉「食べるラー油」が焦げた!

これまでの何度がつくっている「自家製の食べるラー油」。ここではこのブログ2回目の「自家製食べるラー油」をつくったときの模様を振り返ります。いきなり、トップの写真でみそを入れていますが、その中身はどんどんエスカレートしていくわけです。
脂っこい肉料理

豚生姜焼きの隠し味に入れたもの【レシピあり】

前回、頂いた「日山」(人形町)の豚ロース肉で生姜焼きをつくりましたが、大好きな生姜を入れ過ぎたら、苦い生姜焼きになってしまいました。そこで、今回は再挑戦。生姜を減らし、ある隠し味を入れました。
スポンサーリンク