(ご飯に合うアレンジ)「焦げた食べるラー油」の使い道

元気になる料理!
大量にできた「焦げた食べるラー油」をどうするか?

前回、大量にできた「焦げた食べるラー油」。あまりの苦さに何か使い道はないだろうかと考えた結果、たどり着いたのが、これでした。

それは「伝説のすた丼」風のご飯のトッピング。

そのためにスーパーマーケットで豚バラ肉のスライスを買ってきました。

それをフライパンに入れ、強火で炒め、8割方、火が通ったかなというタイミングで、火を弱くし、「焦げた食べるラー油」を投入。和えながら豚肉に火を通して完成です。

これをご飯にのせて、丼に。

う、うまい。そして、焦げ臭さをあまり感じない。むしろ、香ばしさがあって、調味料として使うにはちょうどよいかも。

料理にも「怪我の功名」はあるものです。

コメント