(簡単プロ並みレシピ)元気になってきたので麻婆茄子!

元気になる料理!
一体、これは何人前?ホームパーティでもするのか?

ここ2回は簡単な調理でしたが、そろそろもう少し難易度の高いものができそうな気がしたので、麻婆茄子をつくってみました(それでも、このメニュー、超簡単です)。

なぜ、このメニューにしたのか。それは辛いもので汗をかいて、暑い日を乗り切ろうと思ったこと。元気になろうと思ったこと(やっぱり疲れている?)。そして、冷蔵庫に大量のナス、冷凍庫に凍らせておいた豚ひき肉があったから。

ナスを油通しする代わりに

まずは材料の下拵えから。

ナスは皮を部分的にむき、食べた際に皮が気にならないようにしつつ、油も染みやすいようにしました。

それを乱切り。それにしても量が多いのではないか?

と思いつつ、それを、サラダオイルを入れたフライパンに入れてみたら、やっぱり多かったです。

ナスは油通しをしたいところですが、それだと大量のサラダオイルが必要になるので、フライパンの中で混ぜてはふたで押さえを繰り返し、油を染み込ませ、ナスに火を通していきます。

ニンニク、ショウガも大量に

その横で、ニンニクとショウガをみじん切り。

今回の調味料は豆板醤をメインに、甜麵醤をその半分くらい、豆鼓醤を隠し味に少し入れるくらいの割合。

そうこうするうちに、ナスに油が染み、ずいぶんと軟らかくなってきました。

最後に混ぜる長ネギは小口切りにしておきます。

この量は4人前? 5人前?

ここで中華鍋が登場。

サラダオイルを敷いたところに、解凍しておいた豚ひき肉を入れます。

ここではあまり混ぜずに、先ほど紹介した3種類の辛みのある調味料を入れ、さらにニンニクとショウガを投入。

そして、豚ひき肉をつぶさないように軽く炒めていきます。

そこに中華スープ(顆粒の中華スープの素〈無化調〉を水で溶いたもの、1カップくらい)を入れました。

この時点で、4人前か5人前はありそうな量なのですが、ここに横のフライパンで火を通しておいたナスを投入。小口切りのネギも加えて、混ぜ合わせます。

最後の仕上げは酢を少々と水溶き片栗粉。片栗粉に火が入る由生に強火で加熱し、最後に全体をひと混ぜしたら完成です。

おいしくて2人で食べ切りました

とてもおいしくできました。ご飯にのせたいところですが、糖質を少し制限しようと、今回は麻婆茄子だけ。

でも、残るかと思った中華鍋いっぱいの麻婆茄子、この日の夕食で食べ切ってしまいました。

何人で食べたか? それは夫婦2人です。

コメント

  1. […] 〈9位〉(簡単プロ並みレシピ)元気になってきたので麻婆茄子! […]