2019-09

スポンサーリンク
野菜室の大掃除

(無限に食べられる)冷蔵庫のキュウリをおいしくするレシピ

『秋分の日』につながる3連休。出掛けるので、その前に冷蔵庫の食材を片付けないといけないのですが、やはり平日の夜は夫婦とも遅くまで仕事。昨日も食事の準備ができたのは午後9時からでした。この時間からつくれるものは何か?(つくる気になるものは何か?が正直な気持ちです)そこで、たどり着いたのがこれ。「たたいたキュウリ」です。この前、道の駅の直売所で買ったキュウリが冷蔵庫の野菜室で寝ていました。
元気になる料理!

〈鍋のスープに違いあり〉妻の居ぬ間に「いつものチゲ」

「会社の歓迎会で夕飯は外で食べる」と妻が言うので、この日の夕食は1人。疲れがたまっているので、惣菜を買おうと思い、渋谷の地下街を歩いたのですが、どうも「これ」というものが見つからず。では、生鮮で、と売場を回ると天然のブリのよい柵があったのですが、これを1人で食べるのもなぁと、商品をかごに入れられずに、お店を後にしたのでした。その結果、元気が出るものをつくろうと、いつものチゲにしたのでした。
ビールと一緒に!

(2袋は食べられそう)「枝豆のペペロンチーノ」の作り方

両端を切って、塩もみをして毛を取って、塩を入れたお湯でゆでたのですが、冷蔵庫で1週間眠っていた枝豆だったからでしょうか? 何だか、うま味の少ない枝豆でした。そうなると、一生懸命、食べても残ってしまい……。そんなとき、以前、テレビで見た、これが頭をよぎりました。そこで、「枝豆のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」に初挑戦。
塩と脂と炭水化物

(おすすめ)焼く前の豚バラ肉は炊飯器で米と炊くとうまい

前回のチャーシュー、豚バラ肉が600gもあったので、全部、チャーシューだと多過ぎるよなと思い、半分は煮豚にしようかと考えたわけですが、もう下味がついているし……。そこで、豚バラご飯をつくることにしたのでした。といっても、炊飯器で米と一緒に炊くだけ!でも、想像しただけでもおいしそうなので、思わず、2合も米を研いでしまいました。
脂っこい肉料理

(作り方を紹介)チャーシューはタレ漬けで作る

久しぶりにチャーシューを焼きました。なぜ、つくろうと思ったかというと、近所のスーパーマーケットで豚バラ肉が安かったから。100g158円。いつもなら、カナダ産や米国産なのですが、今回は国産がこの値段。600gの塊を買っても1000円しなかったのです。
ビールと一緒に!

〔ビールに合う!〕ベーコンポテトにチーズをのせて

この前、箱買いしたジャガ芋と、同じく暑い時期に箱買いした缶ビールがあったので、両方を楽しめる料理をつくりました。正式には『ジャーマンポテト』というのでしょうが、これだと、ベーコンの代わりにソーセージが入るのか分からないので、私は材料名をつなげて呼んでいます。今回は『ベーコンポテトチーズ』。ベーコンの脂でジャガ芋を揚げるようにこんがりと炒め、その上に溶けるチーズをのせて食べます。これがビールにとても合うのです。
バランスをとる

[超簡単レシピ]オクラ2種類を生で食べ比べた

知っていますか、「丸オクラ」?先日、スーパーマーケットで買ったものが野菜室で1週間ほど眠っていました。その横には昨日、買った角がある普通のオクラ(冷蔵庫にあるのに、何で買うのか? 確かにそうなんですが……)。丸オクラは沖縄県産、普通のオクラは確か鹿児島県産だったような。と、この時点で、私の頭の中には「今の時期だけの味わい」との文字も含めて、沖縄県産がおいしいような気がしてしまう。
さっぱりした肉料理

【酸の効果か?】夏の体が酢を求めていた!

おそらく、夏の疲れが出ていたのでしょう。年に数回やってくる「鶏手羽元のさっぱり煮の日」がやってきました。スーパーマーケットの精肉売場を歩いていたら手羽元の大パックがいつの間にか、かごの中に入っていました(もちろん、そんなことはなく、自分の意思でかごに入れたのですが……)。
スポンサーリンク