〈知っていますか?〉「プリックナムソム」を作りました!

調味料、つくってみた

昨日、タイ料理店で「タイらーめん」を注文したところ、「薄味でつくっていますから、こちらで好みの味にしてお召し上がりください」と調味料セットを出してくれました。

これ、「クルワンプルーン」というそうですね。「ナンプラー」「砂糖」「唐辛子」にもう1つがワンセットになっているのですが、その「もう1つ」、唐辛子入りの酢が気に入ったのでつくってみることにしました(これを「プリックナムソム」というそうです)。

これは生の唐辛子を輪切りにし、タイの蒸留酢に漬けてつくる調味料ですが、実はこの日、道の駅の農作物直売所で生の唐辛子を買っていたのです。

まずが家にあった瓶とふたを煮沸消毒するところから。

その間に生の唐辛子のへたを取り、包丁で輪切りにしておきます。

そして、タイの蒸留酢といきたいところですが、さすがに家になく、今回はミツカンの穀物酢を使うことに。

煮沸した瓶に輪切りの生唐辛子を入れて、穀物酢を注いで完成!

輪切りの生唐辛子、辛いです。瓶に入れ損なったものを1つ食べたところ、せき込みました(輪切りにしているときも目に刺激を感じました)。

「プリックナムソム」、漬けてすぐは酸っぱさが強く、お酢に辛みが移っていないので、1日くらいは置いた方がよいそうです。

といいつつ、すぐに使う予定。その味は次のブログで。

コメント