〈簡単に作れる〉ポテトサラダを和風に寄せる

創作メニュー

ポテトサラダはよくつくりますが、これまでの味のベースは「ガラスープ(顆粒の中華スープの素)+マヨネーズ」。思いっきり、洋風でした。

いつもと違うポテトサラダをつくりたいなぁと思い、今回、つくってみました。

テーマは「和」。「極限まで」というとポテトサラダではなくなってしまいそうなので、「なるべく」の範囲で、にしました。

そう考えたのは、冷蔵庫の野菜室でミョウガと九条ネギを見つけたから。この時、和風のポテトサラダをつくろうとひらめいたのでした。

今回はガラスープは入れず

今回はジャガ芋を5個用意(いつも大量のポテトサラダができてしまうので、今回は控えめに。でもないか……)。

皮をむき、カットしたジャガ芋を深さのある丼に入れます。いつもはここに水と顆粒のガラスープを入れて、電子レンジで加熱をするのですが、今回はガラスープは入れずに水だけ。

加熱後に和の味付けをすることにしました。

電子レンジの加熱時間は1000Wで7分。この時間でも柔らかくなるように、ジャガ芋をいつもよい小さめにカットしておきました。

何だかナンプラーのような香りが……

加熱時間を利用して、加える野菜を切ります。ミョウガはみじん切り、九条ネギは小口切りにします。

ここで和に寄せる調味料を用意。

それは「つゆの素」(にんべん)。

熱々のジャガ芋をつぶし、そこに加えると……。少し生臭いような……。先日、「タイらーめん」をまねしたときに使ったナンプラーのような香りを感じました。

それを打ち消すべく、「穀物酢」(ミツカン)を多めに入れて、白コショウ、砂糖も加えて全体を混ぜます。

そこにミョウガと九条ネギを投入。

ここでマヨネーズを入れます。和風とはいえ、ポテトサラダにこれを入れないと始まりません。

最初、控えめに入れたのですが、やはり足りないだろうと、追いマヨネーズをします。

さっぱりしていて物足りない(泣)

ここで味見。……何だか、さっぱりし過ぎて物足りない。

そこで、いつもの「シャンテワインビネガー」(ダイヤモンド酒造)をどぼどぼ入れて、また味見。少し洋風のポテトサラダになってきました。

結局、チーズを加えました

でも、まだうま味が足りない。

そこで、冷蔵庫にあった「十勝スマートチーズ チェダーブレンド」「十勝スマートチーズ パルメザンブレンド」(明治)を取り出し、2個ずつ加えてしまう私でした。
そして、最後に味見。これ、これ、味にまとまりのあるポテトサラダになりました。

これでは洋風のポテトサラダ?

いえいえ、大量の九条ネギと主張をするミョウガが入ったおかげで、和のポテトサラダになりました。

コメント