(作り方を紹介)チャーシューはタレ漬けで作る

脂っこい肉料理
紫色の部分は玉ネギです

久しぶりにチャーシューを焼きました。

なぜ、つくろうと思ったかというと、近所のスーパーマーケットで豚バラ肉が安かったから。

100g158円。いつもなら、カナダ産や米国産なのですが、今回は国産がこの値段。600gの塊を買っても1000円しなかったのです。

ビニール袋で漬け込みます

つくり方は前回と同じ。

豚バラを2㎝幅でカット。

調味料はしょうゆとオイスターソースを同量、砂糖、ごま油に紹興酒がなかったので、焼酎。これらを混ぜ合わせ、玉ネギのみじん切りも加えます。

タッパーで混ぜたので、そこに豚バラ肉を入れたのですが、これでは調味料が肉に触れない部分が出てきてしまう。

そこで、透明のビニール袋に調味料と肉を入れ、もみ込みます。

ここで、冷蔵庫で1晩。そうすると肉にしっかりと味がしみ込むのですが、今回の漬け込み時間は2晩になりました(忙しくてつくろうと思っていた日に外食してしまった)。

通常、冷蔵庫で1晩のところ、今回は2晩!2晩!

2晩、漬け込んだ肉、どうなっているのだろう?

少し心配でしたが、とりあえず焼いてみることに。

電子レンジのオーブンで200℃に予熱。200℃に温まったら20分、豚肉を焼いていきます。

少し少し焼き時間が長かったかもしれません。肉の縁の部分少し焦げましたが、でも、その分、豚の余分な脂も落ちたかも(でも、脂身はたっぷり)。

国産の豚バラ肉でつくるチャーシュー。やっぱり、うまい。こうした料理にはやはり、国産豚がよく合います。

(豚コレラが広がると、国産豚がこの値段では買えなくなるのだろうか。困った)

コメント