(無限に食べられる)冷蔵庫のキュウリをおいしくするレシピ

野菜室の大掃除

『秋分の日』につながる3連休。出掛けるので、その前に冷蔵庫の食材を片付けないといけないのですが、やはり平日の夜は夫婦とも遅くまで仕事。昨日も食事の準備ができたのは午後9時からでした。

この時間からつくれるものは何か?(つくる気になるものは何か?が正直な気持ちです)

そこで、たどり着いたのがこれ。「たたいたキュウリ」です。

この前、道の駅の直売所で買ったキュウリが冷蔵庫の野菜室で寝ていました。

少し寝かし過ぎたので心配だったのですが、とりあえず皮をむき、端の部分をカットします。

<切った部分をこすり合わせるのが習慣になっていますが、これは本当に意味があるのでしょうか? 灰汁が抜けると思ってやっていますが、間違っていますか?>

包丁の腹の部分を使って、キュウリを上から押しつぶしていきます。

それを一口大に切ったら、器に移して、塩とごま油。

この組み合わせ、塩を溶いたごま油に刺身を付ける韓国風の食べ方みたいですが、とてもおいしいです。

塩とごま油の代わりにニンニクを漬け込んだしょうゆをかけるのもうまい。これは中華風の食べ方です。

※ちなみに、これから車で新潟に行きます。宿の予約はこちらでしました!

コメント