(超簡単レシピ)サバ缶に玉ねぎを加えて血液サラサラ

「サバの水煮」で健康

この前、肉を食べたのでバランスをとろうと、再び、「サバ缶 健康生活」に。

しかも、今回から新しいサバ缶になります。

それは伊藤食品の「美味しい鯖水煮 食塩不使用」(ご興味がある方は伊藤食品 美味しい鯖水煮 食塩不使用 190g×24個

伊藤食品は1948年に設立された静岡の会社で、マグロやサバの缶詰を中心にイワシ、イカ、ホタテなどの魚介類と菌茸類(マッシュルーム)、野菜(トマト&ビーンズ)の商品も扱う会社です。

今回から食べ始める商品は、「美味しい鯖」シリーズの1品で、他に「味噌味」「水煮」「醤油煮」「黒胡椒・にんにく入り」があります。

(「旬鯖限定 鯖味噌煮」なんでいう、旬の8~1月に獲られた脂の乗ったサバを未凍結のまま缶に詰めた商品もあるそう。味噌は秋田味噌〈秋田にある浅利佐助商店の味噌〉を使い、化学調味料を不使用。食べた~い)

脱線しましたが、数あるサバ缶の中から「美味しい鯖」シリーズを、しかもその中からこの商品を選んだのは、食塩不使用だから。実は私、血圧も高く、塩分控えめな生活をしないといけないのです。

〈これまでのブログを見ると、そんなこと気にせずに料理していますが、それは気にしないということで〉

血液をサラサラにし、ダイエットも

さて、今回の料理は「サバ水煮の玉ねぎ、七味山椒のせ」。

悪玉コレステロールの数値が高い私。サバに含まれるEPAと玉ねぎの硫化アリルで“血液サラサラ”を目指し、七味山椒で代謝アップ、ダイエットもしてしまおうというわけです。

ここからは作り方。とても簡単ですよ(料理といえないくらい)。

超簡単、3分で出来上がります!

(1)サバ缶と玉ねぎを用意します。玉ねぎは8分の1個くらいでいいでしょう。

(2)玉ねぎをみじん切りにします。

(3)サバ缶のふたを開けましょう。

(4)サバの上にみじん切りの玉ねぎをのせます。

(5)今回はオーブントースターで2分温めました。

(6)オーブントースターから取り出したら七味山椒をかけて、完成で~す。

玉ねぎを口にふくむとその甘さが口中に広がり、それを七味山椒の刺激がぬぐい去ってくれる。その間にサバの水煮を食べるのですが、塩味がほとんどしない(1缶190g当たりの食円相当量はわずか0.247グラム)ので、塩をかけて……。

<今回の七味山椒は祇園七味 22g(瓶)お土産に頂いたものを使いました。私は七味マニアでもあるのですが、このピリリ感は他の商品では出せません。お薦めです!>

とすると、この商品を買った意味がなくなので、やめて、そのまま食べ続けます。

慣れると、サバ本来の味を楽しめて、ちょうどいい味付けに感じられる(かなぁ?)

食べるのが、まだ1缶目なので、そういうことにしておきます。

スポンサーリンク
「サバの水煮」で健康
スポンサーリンク
piroroをフォローする
男の料理.com(時々「サバ缶 健康生活」)

コメント