〈簡単レシピ〉「白菜と豚バラ肉のミルフィーユ煮」で元気を出そう!

元気になる料理!

ようやく長い1週間が終わり土曜日になったので、元気を出そうと試みましたが、まだ本調子になりません。

そこで、もう1品、元気になるメニューを作ることにしました(これは今日の夕食の話です)。

そのメニューは「白菜と豚バラ肉のミルフィーユ煮」。

何年か前から、スーパーマーケットの精肉売場で銀鍋に入った商品が売られるなど、既に定番の人気メニューになっていますが、私は「本当に疲れている」というときに、これをつくることにしています。

白菜、豚バラ、梅干しで1つの層が完成

さて、その作り方ですが、とても簡単です。

用意するのは「白菜」「豚バラ肉」「梅干し」だけ。

まず、白菜を1枚ずつはがし、洗っておきましょう。

それを1枚、まな板の上にのせ、その上に豚バラ肉(白菜の長さに合わせて切るとよいです)を置き、肉の表面に手でほぐした梅干しをぬっていきます。

これで1層が完成。これを白菜か肉がある枚数分、繰り返し、ミルフィーユ状にしましょう。

ここまでできたら、それをまとめて折り曲げながら、鍋に入れます。

今回は小さな白菜を使ったので、鍋に空きスペースが目立ちます。そこで、冷蔵庫の野菜室から大きな白菜を取り出し、隙間を埋めてみました。

鍋底には元気になるスープがありますよ

ここからは加熱。鍋をコンロにかけて、鍋の上にアルミホイルをのせて蒸し煮にします。

中火で加熱すること、7分ほど。白菜がしんなりしたら完成です。ここまで加熱したら、豚バラ肉も火が入っており、鍋の底の部分には豚の脂と白菜の水分、梅干しのうま味が交じり合ったおいしい煮汁がたまっています。

完成した白菜と豚バラ肉のミルフィーユ煮を器に移して食べましょう。その際、鍋の底に残った煮汁もお皿に移すことを忘れずに。とてもおいしいスープで、これを飲むと、疲れた体に力がみなぎっていくのを感じます。

体調が激悪という方、ぜひお試しください。

今回使った梅は熊野ファームさんの「減塩 塩分3%紀州南高梅しそ」です。

お買い求めは減塩 塩分3%紀州南高梅しそ2kgから! いろいろと梅干しを食べ比べましたが、この梅干し、塩辛すぎず、(はちみつ漬けのように)甘すぎることもないので、一番おいしいと思っています。

スポンサーリンク
元気になる料理!
スポンサーリンク
piroroをフォローする
男の料理.com(時々「サバ缶 健康生活」)

コメント

  1. […] 今月11日に、元気を出そうと「簡単レシピ 白菜と豚バラ肉のミルフィーユ煮で元気を出そう!」をつくった後、17日には「レシピアレンジ 材料が進化した白菜と豚バラ肉のミルフィーユ煮」をつくりました。 […]