【これまでのまとめ】絶対つくって「お薦めレシピ」(6~10位)

私のオススメレシピ

このブログも100本近くになってきたので、これまで作った料理の中から「これは絶対につくって!」という10品をまとめておきたいと思います。

今日は10位から6位まで。後に紹介するものほど、お薦め度合いの高いメニューになっていきますよ!

〈10位〉(ニラ玉以外にもある)体調激悪でも元気になるニラのレシピ

これは今年の1月10日に紹介したメニュー。「サバ缶 健康生活」を続ける中、「体調不良で料理できない!」という日につくりました。

そんなわけで、これのお薦め理由は「超簡単なこと」(3分もあればできる)と「元気が出ること」(ニラはすごい!)。

仕事で遅くに帰宅したが食べるものがない、家事・育児で疲弊しているけど料理したくないという日のにぜひお薦めしたいと思います。

〈9位〉(簡単プロ並みレシピ)元気になってきたので麻婆茄子!

こちらは昨年8月18日のレシピ。夏の暑い時期に「唐辛子の辛さと脂肪分多めのこってり味」で疲れを飛ばそうとつくったものです。

中華料理というと、強い火力が必要で、家庭でつくるには向いていないと思われがち。特に麻婆豆腐や麻婆豆腐は素材の油通しを含め、強火で調理するシーンをテレビでよく見るので、難しいのではと思っていました。

が、これ、火力が業務用バーナーほど強くなくても、つくる私の技術が高くなくても、おいしくできました。

〈8位〉(つまみにぴったりレシピ)イワシの煮物に七味を加えて

昨年3月12日のレシピです。3月1日につくった「いわしのしょうが・さんしょう煮」がとてもおいしくできたので、再度つくったものでした。

こんなとき、私はどうしてもアレンジをしてしまうのです。妻からは「おいしかったら、それを同じようにつくればいいのに」と言われるのですが、好奇心旺盛というか、悪ノリするたちというか、ついつい面白アレンジをしてしまうのです。

その結果、大失敗をすることもごくまれにあるのですが、これは大成功した方(ご安心を)。前回の生姜と山椒に七味を加え、ピリッとしたイワシの煮物にしたのでした。

〈7位〉(粉がよかった?)お好み焼きがお好み焼きになった!

昨年8月25日につくりました。「お好み焼きの本場は大阪か、広島か」という論争は置いておいて、つくるという点では難しいのが広島の方。大阪は混ぜ焼きなので、生地を混ぜる際の空気の含ませ方に技術は必要ですが、(家庭でつくるお好み焼きレベルであれば)焼くのはそんなに難しくはありません。

これに対して、広島のお好み焼きは、まず生地を丸く(しかも薄く)焼かないといけないし、その上に具材をのせた状態で上下をひっくり返さないといけないし、野菜の水分で具材を蒸らしつつ中の具材を調理しないといけないし。と難易度が上がります。

そんな広島のお好み焼き、昨年の夏にようやくできるようになりました。

〈6位〉(クッキーだけじゃない)「おから」の体を労わるレシピ

これは妻からの「つくって」の要望に応えて昨年の5月28日につくったもの。オリジナルレシピは『きょうの料理』のおばんざいレシピでしたが、このメニューでもアレンジをしてしまい、生のシイタケを干しシイタケに変え、その戻し汁も出汁に使うように。すると、より出汁の味が強いおからの煮物になったのです(でも、上品さはなくなるかも)。

ところが、このときは生のシイタケを使ったので、出汁のうまみが足りず……。その結果、迷走をしたのでした。

コメント