〈さらに元気になるために〉サバ缶にニンニクをのせてみる

「サバの水煮」で健康

昨日、夕食に豚ロース肉のステーキを食べてしまったので、今日の食事はこんにゃくとサバ缶になります。

3連休明けの今日からは仕事でしたが、何だか朝の時点で疲れが抜けていません。

ステーキと一緒に焼きニンニクスライスも食べたのに……。

やっぱり、週末もちょくちょく仕事をしていたのがいけなかったようです。

そこで、さらにニンニクを食べて元気を取り戻そうと考えたわけです。

言わずと知れた、ニンニクのあの香りはアリシン(硫化アリルの一種)によるもの。これには疲労回復の効果がいわれていますので。

さて、今回も料理は超、超簡単です。

サバ缶とニンニクを用意。ニンニクはみじん切り。サバ缶をパカッと開けて、その中にニンニクを入れ、オーブントースターで3分加熱。

これで完成です。

味ですが、これがサバのオイル煮だったら、サバのガーリックオイル煮になって、お酒のおつまみによさそうですが、今回は水煮(食塩不使用)なので、サバだけが缶の中で浮いている(サバがプカリと浮いているのではなく、なじまず浮いているということです)。

そこで、サバだけを先に食べて、汁とニンニクでもう一度、楽しむことに。

缶の中の汁に少し塩を加え、一気に飲み干す。

すると、栄養ドリンクを飲んだ時のように元気になった気がするのでした。

これで夜までまた仕事だ!

コメント