【番外】セブン-イレブンのおでん種67種「熱量、脂質、糖質、食塩相当量」ランキング

じっくり煮込む

前回、おでんを作った際、「そういえばおでん種のエネルギー量や糖質量って知らないよな」と気付いたので、セブン-イレブンのおでん種67種(2020年1月28日時点)で調べてみたので、それをまとめます。

今回、調べたのは種ごとの「熱量(エネルギー量)」と「脂質」「糖質」の量に「食塩相当量」と「価格(税抜き)」。このうちの「熱量」と「脂質」、「糖質」の量に「食塩相当量」でランキングをつくろうと思います。

〈熱量〉オススメは昆布巻と大根!こんにゃく系や山ぶきもある

67種のおでん種の中で熱量が10kcal以下だったのは7種。

全国発売のものでは「昆布巻」(5kcal)と「味しみ大根」(9kcal)。

※ここで注意。東京の一部で販売する「厚切り大根」は厚みがあるだけあり、43kcal。でも、他のおでん種と比べると、量がある割にエネルギー量が少ないことに変わりはない。

「つゆだく味しみ白滝」(近畿を除く全国)と「味しみしっかりこんにゃく」(北海道を除く全国)も5kcalですが、「味しみしっかりこんにゃく」は北海道では「味しみしっかり白こんにゃく」と白いこんにゃくに代わるだけ。この他、「つゆだく味しみ糸こん」(近畿)も5kcal。こんにゃくはどの地域のものも低カロリーとなっています。

珍しいところでは北海道限定の「山ぶき」。こちらも熱量は5kcalです。

今回、67種のおでん種をカロリーが低い順に並べたところ、イメージでは高そうでも、実はそうでもなかったものもありました。例えば、私が愛してやまない「牛すじ串」。中国、四国、九州(鹿児島除く)、沖縄で売られているものは25kcalで、鹿児島で販売するものは30kcal(この差はどこに?)。中国以西を除く全国で発売する「味しみ牛すじ串」でも39kcalでした。全国で売っている「ロールキャベツ」も37kcal。「肉を食べたいけどカロリーが気になる」という人はこれらがオススメです。

逆に、エネルギー量が多い5種は「コク旨あらびきソーセージ」(東京一部を除く全国)は148kcal、「豚なんこつ」(九州、沖縄)は129kcal、「もち巾着(鶏肉入り)」(東北、千葉、一部を除く埼玉、北関東、長野、新潟)は123kcal、「豆乳入りふわふわ揚げ」(一部を除く東京、千葉)は122kcal、「牛カルビ串」(一部除く北海道)が118kcal。

これらはダイエット中は避けた方がよいかもしれません(どれもおいしそうですが……)。

〈脂質〉はんぺん、ちくわは低い!熱量のオススメと同じ種もOK

熱量に加え、ダイエット中に気を付けたいのが脂質の量。これが0.5g以下のものは17種ありました。

0.0gが「昆布巻」「つゆだく味しみ白滝」「つゆだく味しみ糸こん」「味しみしっかりこんにゃく」「味しみしっかり白こんにゃく」「厚切り大根」「山ぶき」の7種。

同じ大根ながら「味しみ大根」は0.1g。この他、脂質の量が0.1gなのが「かまくらふんわりはんぺん」(一部東京、神奈川、甲信越、北陸、東海)、「ふんわりかまくらはんぺん」(一部東京、千葉、栃木、茨城)、「ふんわりはんぺん」(北海道、東北、一部東京、埼玉、群馬)、「玉こんにゃく」(東北)。

「焼ちくわ」(岡山を除く中国、九州)と「鯛入りちくわ」(岡山、四国)が0.2g、「ちくわぶ(ブラン入り)」(関東、山梨)が0.4g、「たこ串」は関東、山梨、北陸、東海、近畿、九州で売られるものと、北海道、東北、長野、新潟。中国、四国のものと2種類ありますが、どもに0.5gとなっています。

こちらも多いおでん種5種を挙げると、「コク旨あらびきソーセージ」の13.3gを筆頭に、以下、「豆乳入りふわふわ揚げ」(10.1g)、「豚なんこつ」(9.7g)、「チーズソーセージ」「牛カルビ串」(9.5g)となりました。

〈糖質〉たこ串、牛すじ、鶏つくね串、てびちが食べられる

「糖質制限ダイエット」では炭水化物を制限する代わりに肉類は比較的自由に食べられますが、これはおでん種も同じでした。

糖質の量が0.5g以下のおでん種は13種。

「たこ串」は関東、山梨、北陸、東海、近畿、九州で売られているものと北海道、東北、長野、新潟、中国、四国で販売するものの両方が0.0g。0.1gは中国、四国、鹿児島を除く九州、沖縄の「牛すじ串」「鶏つくね串(なんこつ入り)」(関東、近畿以西)、「焼きてびち」(沖縄)と肉系で、「昆布巻」も。0.2gは「味しみ牛すじ串」「山ぶき」。0.3gが「コク旨あらびきソーセージ」と「味しみしっかりこんにゃく」。0.4gが「つゆだく味しみ白滝」と「つゆだく味しみ糸こん」。0.5gが「塩麴仕立ての蒸し鶏串」(全国)とこちらも肉系でした。

ここでも、糖質が多い5種。一番多いのが「ちくわぶ(ブラン入り)」の17.1g。次が「もち巾着(鶏肉入り)」で、東北、千葉、一部除く埼玉、北関東、長野、新潟のものが15.8g、東京、神奈川、埼玉一部、山梨、北陸、東海、近畿以西のものが14.1g、北海道で売られているものが10.9g。そして沖縄除く中国以西で発売されている「まる天」が8.8gとなっていました。

〈食塩相当量〉厚揚げなど豆腐系、野菜がんもが大丈夫!

最後は、私のような高血圧の人は気を付けないといけない食塩相当量。おでんは数多くの種を食べるので、ここでは0.2g以下のものを挙げておきます。

0.0gは豆腐系が中心。「味しみ絹厚揚げ」は東北、関東、甲信越、静岡で売られているものと北陸、中京で販売するもの。北海道で売られる「味しみ木綿厚揚げ」「焼豆腐」は北海道のもの、北陸のものも。これに「山ぶき」で全部で6種

0.1gは「味しみ木綿豆腐」(近畿のもの、中国以西のもの)、「食物繊維入り 野菜がんも」(北海道、中国以西を除く全国のもの、沖縄除く中国以西のもの、北海道のもの)に「昆布巻」「焼きてびち」。0.2gは「牛すじ串」(中国、四国、鹿児島除く九州、沖縄のものも、鹿児島のものも)。

これに対して、食塩相当量が多い5種は「厚切り大根」の1.4gが1番。1.3gが東北の「玉こんにゃく」「焼ちくわ」「鯛入りちくわ」「まる天」、岡山、四国の「上天ぷら」(天ぷらという名がつきますが、揚げかまぼこのよう)があります。



コメント

  1. […] […]